0

憲法自体が憲法違反だったら・・・

Posted by threeword on 2015年6月22日 in 未分類 |

私は、集団的自衛権を含む安保法制をスッキリ制定するためには

本来であれば憲法九条を廃止する方が先だと思っています。

が、日本国内の遅々とした動きなどお構い無しに周辺事情というのは動きます。

と言うより、日本を名指しで敵としている一部の国などはむしろ

明らかに日本の国防体制の構築の進まなさに乗じているフシがあります。

つまり、起こり得る有事に備えるのには今から憲法を変えているのでは間に合わず

例え不完全だとしても、今出来る安保体制を作り上げなくてはなりません。

侵略行為というのは、自国に匹敵する武力まではいかなくとも

手を出したら確実に重いダメージを追う相手にはなかなかしないものです。

これが抑止力と言うものです。

さらに複数の国で軍事同盟を組む事で、抑止力の効果を飛躍的に高めることが出来ます。

これが集団的自衛権の必要性の根拠です。

さて、これに反対する方々の平和への思いは受け止めても良いでしょう。

憲法を尊ぶ姿勢もそれはそれでよいものです。

しかし、憲法九条というものが憲法の最大の目的である日本国民の命の安全を脅かすものであれば、

それは生存権の侵害を憲法の条文自体がやらかしている事にはならないでしょうか。

字面ばかりの平和では、平和を守る事はできないのです。即日キャッシング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2015-2018 借金一本化!これであなたの借金も大幅に減ります All rights reserved.
This site is using the MultiBusiness Child-Theme, v3.1.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.4, from BuyNowShop.com